ルート配送のドライバのー求人選びのポイント

運転免許以外に求められる資格やスキルについて確認しておこう

ルート配送のドライバーの求人は、長距離や中距離のトラックと比べて実務経験がない人も応募できるものが目立ちます。そうした中、働き始めてから後悔をしないために、気になる会社の求人票をチェックして、運転免許以外に求められる資格やスキルについて確認することが大切です。最近では、都市部をはじめとして、個人の顧客との対面サービスを重視する運送会社の数も増えており、コミュニケーション能力が長けた人や、事務や営業などの経験を持つ人が歓迎される傾向が見られます。また、道の幅が狭いエリアでルート配送を担当する場合には、高度な運転のテクニックが要求されることもあるため、面接の時に担当者に詳しく話を聞いておくことが大切です。

正社員とパートの労働条件の違いに注目しよう

ルート配送のドライバーの求人には大きく分けて正社員とパートがあり、会社によって給料や福利厚生などに差が出るケースもあります。一般的に、経営状態が安定している大手や地域に密着した運送会社は、正社員以外のドライバーに対してもボーナスの支給を行ったり、長期休暇を取得できるようにしたりするところが多く見られます。一方で、最小限のドライバーが仕事を回している小規模の運送会社では、雇用形態にかかわらず長く勤めてもドライバーの給料が上がりにくいことがあるため、慎重に職場選びをすることが重要です。その他、ルート配送のドライバーの経験がない人は、パートとして働きながら正社員を目指すことができる会社の求人をメインに探すのも良いでしょう。

トラックドライバーの募集がこの頃、盛んに実施されており、高報酬を用意する物流系企業が増加中です。経験者はひと際、良い条件で雇用してもらえるので良い転職、再就職先の候補となり得ます。