長距離トラックドライバーとして働くメリット

1人の時間が圧倒的に多い

長距離トラックドライバーは、基本的に1人で移動します。倉庫で荷物を積み、目的地に到着、荷物を下ろしたら会社に戻るだけです。会社に戻ったら日報に記入して帰宅します。運転中は音楽を聴いたりラジオを聴いたりできますし、無線で仲間と会話することが可能です。このように、長距離トラックドライバーは1人でいることが好きな方や、運転が好きな方に向いている仕事です。荷物の積み下ろしは倉庫のスタッフが行うことが一般的なので、余計な労力を使うことはありません。届け先が時間を指定してきた場合は、早めにトラックを出して近場まで行き、時間になるまでブラブラすることもできます。誰かに気を使いながら仕事をする必要がないことが1番のメリットではないでしょうか。

自由に休憩を取りやすい

高速道路やバイパスを使う場合は時間に余裕がる限り、サービスエリアやパーキングエリア、道の駅などで休息を取ることが可能です。長距離トラックドライバーは安全のため途中で休憩することが義務付けられていますが、多くの会社では休憩時間を報告する義務がありません。とにかく事故を起こさないことが最優先です。また、時間厳守となっている会社も、予期せぬ事故や渋滞で多少の遅れは認められるため、必要以上に焦る必要もありません。仮眠が必要な場合はトラック内のベッドルームかトラックステーションを使用します。トラックステーションはトラックドライバー専用の施設で、格安で温泉や食事、宿泊ができます。各県の主要都市にあるインター付近に設置されていることが一般的です。

運転業の求人を専門に載せているサイトがあります。それ以外の仕事は見なくても良いので、探しやすいメリットがあります。