ルート配送のドライバーの仕事のメリット

コミュニケーションを取りながら働ける

バスの運転手やタクシードライバーなど、一口にドライバー求人といっても色々な種類がありますよね。その中でも近年人気を集めているのが、ルート配送のドライバーです。このルート配送のドライバーというのは、コンビニ、企業や個人宅に荷物を運ぶ仕事のことです。飲食店に配送するなら料理で使う食材や調味料、スーパーならば販売する食品を扱うことになります。その最大のメリットは、お客さんとのコミュニケーションを楽しみながら働けることです。ルート配送ドライバーは、基本的に決まったお客さんの所へ荷物を運ぶことになります。したがって、仕事を重ねていくにつれてお客さんと顔見知りになり、いろいろな人とコミュニケーションを図ることが可能です。お喋りが大好きだという方にうってつけの仕事といえるでしょう。

社内の人間関係に悩まされない

ルート配送ドライバーの仕事は、社内の対人関係に悩まされるリスクが少ないこともメリットといえます。一般的に企業で働いた場合、上司や同僚とオフィスで嫌でも顔を合わせることになります。したがって、仕事でミスをした際は文句を言われたり、苦手な同僚と一緒に仕事をしたりすることもあるでしょう。その点、ルート配送ドライバーは自分一人で行う仕事なので、周囲との軋轢でストレスを感じることは少ないです。その他にも、ルート配送ドライバーは残業がないのもメリットといえるでしょう。基本的に、その日に訪れる場所と時間帯はある程度決まっているので、早く仕事を済ませれば残業がありません。よって、プライベートを大切にしたい人におすすめの仕事ですよ。

ドライバーの転職の場合、前職の経験を生かせる職場環境を探してみることが大切です。配達ルートや土地勘なども大切です。