長距離トラックドライバーの求人選びのコツ

長距離ドライバー=キツいはウソ?企業選びを徹底しよう

長距離ドライバーで検索すると「キツい」が候補に上がってきます。 貴方も長距離ドライバーといえば、夜を徹して運転し、積荷の荷下ろし等の重労働に明け暮れるイメージがあるかもしれません。 果たして、それは本当なんでしょうか? 長距離ドライバーには引越し業者等、運転の他に重い荷物の上げ下ろしが発生する場合は確かにあります。 しかし、中にはガソリンを運んでいるタンクローリーのように現地に着いたらホースを繋いでボタンを押すだけなんて仕事もあります。 更に、積み荷の中には運ぶのに資格が必要なものもあり、資格保有者は通常よりもさらに高収入が期待できます。 どの会社がどんな物を運んでいるのか等、長距離ドライバーとして働く事を目指すのであれば徹底した企業研究が重要です。

事故が発生した時の対応について確認しよう

入社前に、万が一事故が発生した際の責任の所在について確認しておきましょう。
長距離ドライバーが高給取りなのは、単に人手不足というだけでなく、事故を起こした時にドライバーが弁償するという文化が未だに残っている企業があるからです。
事故の原因がドライバーの過失にある場合、企業側は損害賠償請求する権利がありますが、何らかの原因で配送が遅延した場合は必ずしもドライバーの過失とは言えません。
その辺について企業側はどのような考えを持っているのかをしっかりと確認し、納得のいく条件を提示出来る企業を選びましょう。
長距離ドライバーは慢性的に人手不足です。
企業側は喉から手が出る位貴方が欲しいはず。
臆することなくじっくり優良企業を見つけ出しましょう。